査証情報 | 株式会社三栄トラベル

visa

    インド 共和国


    2018-10-16現在
    インド大使館
    Embassy of India
    〒102-007
    東京都千代田区九段南2-2-11 
    TEL:03-3262-2391
    FAX:03-3239-2449   
    E-mail:
    ウェブサイト http://www.embassyofindiajapan.org/
    アクセス 東西線九段下駅徒歩5分 日本武道館を左手に坂を上ります。コンビニの角を左折すると、右手に大使館が有ります。  地図はここをクリック
    申請時間 09:00~11:00
    受領時間 16:00~17:00

    旅券の残存条件:申請時6ヵ月以上(注)有効期間が1年の査証を申請する場合、申請時1年以上必要

    公用
    滞在可能日数 3ヶ月
    査証有効期間 3ヶ月
    必要書類 ◆旅券 (旅券残存条件申請時6ヶ月以上)
    ◆WEBフォームより申請後、プリントアウトした申請書を大使館に持込み。
    申請フォームはこちら
    ◆証明写真(縦5cmX横5cm。6ヶ月以内に撮影したものでカラー。6ヶ月以内に撮影されたもので、顔の大きさ(頭頂部からあごまでの長さ)が25mm~35mmで胸元から頭まで写ったもの。裏に旅券と同じサイン) x 1
    ◆口上書 x 2(オリジナル×1、コピー×1)

    *外交旅券所持者は入国日から3ヵ月以内の無査証滞在が可能(現地で最長1年まで延長可)。

    数次査証希望の場合は口上書に2回分以上の入国日・滞在日数を明記し、それらの日程表も提出すること。

    取得日数 約3営業日
    申請料金 無料

    業務
    滞在可能日数 1度の滞在が180日以内(マルチプル査証)
    査証有効期間 1年
    必要書類 申請時6ヵ月以上 (有効期間が1年の査証を申請する場合、申請時1年以上必要) / 未使用ページ 2ページ以上(見開きでなくてよい)
    ・旅券(旅券残存条件申請時6ヶ月以上)
    ・査証申請書(WEBで作成) x1 申請書はこちらからWEB申請書 入力次第印刷して下さい
    ・証明写真(縦5cmX横5cm。6ヶ月以内に撮影したものでカラー。顔の割合が70~80%あるもの。裏に旅券と同じサイン) x 1
    ・勤務会社からの英文渡航推薦状(会社のレターヘッドを使用し、責任者のサイン、職位、四角い社印のあるもの) x 1
     ※。「LETTER OF RECOMMENDATION FOR BUSINESS PURPOSE」と記載されたもの。
    ・現地インド訪問会社からの招聘状オリジナル x 1
    取得日数 約3営業日
    申請料金 1,550円

    観光
    滞在可能日数 入国審査官判断(マルチプル査証)
    査証有効期間 6ヶ月
    必要書類 申請時6ヵ月以上 (有効期間が1年の査証を申請する場合、申請時1年以上必要) / 未使用ページ 2ページ以上(見開きでなくてよい)
    ・旅券(旅券残存条件申請時6ヶ月以上)
    ・査証申請書(WEBで作成) x1 申請書はこちらからWEB申請書 入力次第印刷して下さい
    ・証明写真(縦5cmX横5cm。6ヶ月以内に撮影したものでカラー。裏に旅券と同じサイン) x 1

    ①顔の縦(頭からあごまで)サイズが2.5㎝~3.5㎝。
    ②背景は白、正面向き、顔や背景に影のないもの。
    ③目の位置から写真の底面までが2.9㎝~3.5㎝。
    ④3ヶ月以内に撮影されたもの。
    ⑤スナップ写真やデジタル加工ものは不可。
    ⑥肩のライン(肩から上)がはっきりしたもの。
    その他の規定はホームページから確認が必要となります。

    ・予約済航空券(予約証明書は不可)
    ・英文滞在先ホテル予約書または旅行会社発行のホテル予約確認書
    取得日数 約3営業日
    申請料金 1,550円


    申請書は、専用ウェブサイトで作成が必要。申請書作成時、写真を画像データ(JPEG、10KB以上1MB以下。350×350ピクセル)で取り込む。オリジナルの写真は申請書に貼付。作成・印刷した申請書にサイン(2ヵ所)する。

    申請書はこちらからWEB申請書 

    ★申請書には旅券と同一のサインをする。
    ★国際会議出席の場合の査証用提出書類・料金は、業務査証と同じだが査証は一次のみの発給。
    ★旧旅券に有効なインド査証がある場合、旧旅券も提出する。旧旅券にある査証が無効でも、提出を求められる場合がある。
    ★該当しない項目には必ず“NONE”と記入し、住所には郵便番号を含むこと。未入力の申請書は受付不可。

    ※第三者が作成する場合委任状が必要と成ります。
    ※外国籍の方は別途追加書類が必要となります。また国籍により査証代は異なります。


※当サイトに記載されている情報は予告なく変更される場合がございます。
当サイトの情報を利用することで生じたトラブルや損失、損害に対して当社は一切責任を負いませんのでご了承ください